看護師という職業は、その職能を活かして、医療施設以外での転職先も選べます。
中には産業分野で看護師として働く方法もあり、必ずしも医療分野で仕事を探さなければならないわけではありません。
企業などに属する産業看護師は、主に労働者の健康管理を担当します。
労働者の体の状態をチェックして疲弊している場合には健康指導を行い、また労働環境の改善にも重要な役割を持っています。
産業分野では職業病の改善も重要なテーマであり、産業看護師が健康をサポートすることにより職業病の予防に効果が表れます。
看護師が産業分野へ転職するメリットとしては、夜勤の仕事が少ない点が挙げられます。
さらにこの仕事では肉体的に負担になるような重労働な業務が少ないため、体力にあまり自信のない看護師であれば産業分野での勤め先を探してみる意味が十分にあります。
ただし企業などの産業分野から見つけることが出来る産業看護師の求人案件は、その数が限られているのが現状です。
そのため、就職できるチャンスは病院や診療所などと比較すると少ないのですが、病院とは違ってバタバタと忙しくなく落ち着いた環境で働けるところが魅力です。
また、産業看護師になるためには、2年の実務経験がある事と、社員の健康相談や保健指導が求められるため、コミュニケーション能力がある人が採用されます。
さらに企業側は、看護師としての職能のレベルが高い人を募集しているようです。
病院やクリニックなどの勤務で、実務的な看護師の職能を磨きつつ、チャンスがあればすぐにでも産業看護師に転職してみてはいかがでしょうか。