看護師として働く以上、仕事を行う上での能力に関する悩みは尽きません。
結果を残せず失敗ばかりするようでは周囲から信頼を得られないですし、度を過ぎればその場を去らなければいけません。
医師もそうですが、看護師の業務はミスをすると患者の命にも関わってくるので細心の注意を払う必要があります。
看護師の悩みで多いのは、臨機応変に行動できないというものです。
病院内には病を抱える患者が大勢いるので、容体が急変することが頻繁にあります。
特に看護師になって間もない頃は苦しむ患者を前にして何もできなかったという経験をした方は少なくありません。
また、看護師は患者の体温や食欲など様々な項目をチェックして危険な兆候が無いか調べる業務もありますが、その時に危険な兆候を見逃してしまい医師への報告が遅れるなどのミスもありがちです。
しかし、何が危険で何が危険ではないかを見極めるには経験が大きな武器になるので、それが分からない間は上司にきちんと報告して致命的なミスを防ぎます。
また、苦手な作業の克服がなかなかできないという悩みも看護師の間では多いです。
例えば基本的な作業である血液採取は、本来であれば全ての看護師が問題無くスムーズにできなければいけませんが、何年経っても慣れないという人もいます。
単に血管の見極めができないなど技術的な問題であれば数をこなして克服するしかありませんが、先端恐怖症などの精神的な面で注射が苦手な場合は上司に相談して他の仕事をするなどの対策をする必要があります。